クレジットカードって何?

クレジットカードってなに?とかというと、クレジットカードは後払いができるカードです。こういったものを信用取引といって、誰でも使えるカードではありません。 発行するカード会社の審査を通過した方が発行できるので、年齢や収入などをチェックされます。 こういった審査に通過すると、カードが発行できますが、発行できるカードにもイロイロな種類があります。

クレジットカードは一般カードやゴールドカードなどがある

一般カード

クレジットカードには一般カードといって誰でも利用できるものがあります。このカードは年会費無料が多く、ポイント制度も付いています。 一方、保険サービスが付帯していないことが多く、サービスという面では他のカードに劣る傾向があります。

ゴールドカード

ゴールドカードは一般カードよりも格式が高いクレジットカードです。 カードの表面がゴールドになっているため、誰でもゴールドカードと一目でわかります。 ポイント制度が一般カードよりもお得になっていることが多く、一般カードにはない独自のポイント制度を用意していることもあります。 年会費は有料の物が多く、安くても2,000円、高い物では2万円ほどするため高級です。 保険サービスは充実しており、海外国内旅行傷害保険や航空保険も付帯していることがあります。

プラチナカード

プラチナカードはゴールドカードよりも上のカードです。 見た目はプラチナですが、一般カードにも見えなくないので識別は難しいかもしれません。 ポイント制度は豊富ですが、プラチナカードまで行くと独自のギフト制度などゴールドカードより充実しています。 プラチナカードは高級層や高所得者層に多いのでこういったサービスは良いのかもしれません。 保険サービスも充実しており、ゴールドカード以上の物も多くあります。 プラチナカードには三井住友カードやjcbカードがあります。 プラチナカード(ステータスカード)を持つメリットとは JCBプラチナカード

ブラックカード

ブラックカードは一部のカードだけが申し込みができ、他のカードは審査の申し込みができないとされています。 つまり、カード会社がこの人に使って欲しいということで発行します。 jcbやアメリカエキスプレスにはブラックカードがあります。 このブラックカードは、サービス内容がブラックボックスで、あまり公開されていません。

クレジットカードはいつから作れる?

クレジットカードはいつ作れるかと言えば、高校生を除く満18歳以上からです。 大学生でも専門学校でも社会人でも、18歳以上であれば親権者の同意が得られればカードを作ることができます。 作り方は、インターネットから申し込みをしたり、スーパーやデパートでも作ることができます。 「学生さんのクレジットカードの作り方と必要な物を解説!」では大学生向けのカードの作り方が紹介されているので、こういった情報も参考にして下さい。大学生の頃からクレジットカードを作られる方が多いので、この頃に作られるのが1番です。特に学生の頃は作りやすいという特徴もあるので、この機会に作るようにして下さい。

どこでクレジットカードを作れる

クレジットカードは「企業webサイト」「百貨店やスーパー」などで作ることができます。企業webサイトはインターネットのことです。百貨店やスーパーではその企業が発行しているカードを 作ることが可能です。カウンターで作ることになるので当日から利用できるカードを貰えることもあり、当日カードが欲しい方には向いています。

クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方は簡単です。会計時に「カード払いで」と言って店員に渡すだけです。この時に「何回払いですか?」と聞かれるので「◯回払いで」と答えましょう。 そして暗証番号を入力、またはサインをすることで商品を購入します。 その後、領収書と控えを貰って記載されている金額が正しいかどうかを見て、終了です。領収書はとっておきましょう。 ネットショッピングの場合は、購入時にクレジットカードの情報を登録します。カード番号や暗証番号、有効期限、セキュリティコードなどを入力しますが、 利用されるショッピングサイトによってどの内容を入力するについては異なります。 ネットショッピングの場合は、領収書が発行されないので、カード会員サイトの購入履歴の情報を参照しましょう。