価値がある資産とは

価値があるもの

金とは、金のことです。日本でも金は馴染みが深く、食べ物でも金箔などがあります。 世界でも金は有名で、かつてクレオパトラは金を美容に使っていたなどの説もあるほどです。 金は腐らないし、さびないのでいつの時代でも価値がある資産として人気があります。 佐渡金山など日本でも金の採掘現場が多数ありました。

銀は、金ほどではありませんが、金と同様に価値のある資産です。 日本でも石見銀山など銀が出ていた採掘現場が多数あります。 金よりは色が落ちたり着きやすいと言われています。

価値は金や銀よりも劣ります。 日本でもかつては青銅や銅鐸などと呼ばれたように、歴史的にも馴染みがあります。人間が初めて使ったのは銅だと言われるくらい 一般的な金属です。産業などでも非常に活躍する素材です。

プラチナ

プラチナは金よりも採掘量が少ないため、大変希少です。変色も少なく、指輪等の宝飾品でも使用されています。 相場は金よりも低いことが多いですが、それでも価値が高い資産です。